fc2ブログ
認知症
2009年10月22日 (木) | 編集 |
昨日からずっと南田洋子さんのニュースが、どこのTVでも流れてました。

認知症を患っていたということですが、認知症と言われる中には脳が萎縮してしまう本当の(?)「認知症」と、身体の疾患・内臓からの出血のため脳の機能に影響が出てしまう「認知症のような症状」と二つあるそうです。

つまり認知症と思われる方の中には、脳の異常ではなく身体の異常でボケてしまっている場合もある、らしいです。

母がそうでした。
なくなる数年前から段々とボケてきて、胃がんの症状が出始め病院にかかり始めた頃は、今食べた食事の内容も覚えていないような状態でした。
物忘れがとてつもなくひどい状態です。

「物わすれ科」のある病院へ連れて行こうと思っていてもそういう事は判るらしく、絶対嫌だといって行きません。
そのまま様子を見てましたが、胃の診察のついでに脳を見てもらうことに。
CTとMRIです。
脳の診断結果は異常なし。
健康な脳でした。
そこで初めてお医者さんから聞いたんです。
胃がんのため中でかなりの出血があり、そのために脳の機能が正常に働かなくなったんでしょうと。

入退院を繰り返し、入院のたび輸血をして、そのたび物忘れが軽くなったりもしました。

一番最初に「ちょっとボケてきてるんじゃない?」と思ったときに健康診断でも受けていれば、癌も早期発見できたんじゃないかな、と、今も少し後悔がありますが、ボケていてくれたおかげで「胃潰瘍だって」の言葉に疑いもせずにいてくれてたんだから、それはそれで運命なのかな、とも思いますけど。

だから。
もし自分の大事な人が「認知症かも?」という状態になったら、身体の検査もお勧めします。
何かの病気が原因である場合が、少ない確率ですけど無いわけじゃなさそうだから。

南田洋子さんの「2~3年前」の映像と、亡くなる何日か前の映像をみたら、ちょっと思い出しました。
先生から言われた「認知症の症状が出た場合、身体に疾患がある場合もある」という言葉です。


と、ちょっとシブイ内容になってしまいました。



リモコン取りに行ってきましたよ~
早いに越したことは無いので、今日は苦情も言いません。
早いといっても、最初からみれば一月かかりましたけど

ま、さすがに今日も文句をつけたらクレーマーになってしまいますもんね







参加してます(*^^*) お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック