日記のような、独り言のような、日常のあれこれを書いていきます。ポルノグラフィティに癒されながら(^_^)v

また入院しましたよ、義母が。

今回は転んだわけではありません。

火傷です。


足の火傷。 足首から下ね。

足の裏も少し火傷しているので、歩けないため入院。

救急車呼んで

先日の話ですけども。



鍋にお湯を沸かして、両手で持って移動しようとしたらしい。

義妹に怒られてましたよ、家の中では杖は必要ないけど壁につかまりながら歩いている状態なんだから、両手を使うな、ましてお湯が必要ならやかんを使え、と。


やかん無いんだって。

義妹がティ〇ールあげたからでしょ。

忘れた?



で、鍋にお湯を沸かして何をしようとしたかと言うと、トイレ掃除ですって


お湯でトイレ掃除なんて、初めて聞いたけど。


なんでも、専用の洗剤を便器に振りかけ、お湯で流すんだと。


う~ん。


今度はなんだ。


通販か?


おいおい。勘弁してくれよ。


そもそも配水管に熱湯流しちゃ、ダメなんじゃないのかしら。




入院して、一応翌日も顔出して。

今回は、入院セットはすべて病院の貸し出しなので楽ちんです。

なので、嫁の出番はナッシング。

どうせ毎日行ったって『三日に一遍しか来やしない』と言う義母だからね。


で、翌日行ったんだけどもね


『明日は雨みたいだから、明日は来なくても大丈夫よ、りんさん』





晴れなら毎日来いとでも? ( ̄  ̄メ)






言われた通り、三日にいっへんしか行きませ~ん





そうです、土日には顔出しませんでしたよ、鬼嫁だから



保険の書類があるから、今日は行かなくっちゃね、ちっ。


恩知らず

先週の話なんですけども。



昨年腰を悪くした義母。

夜に『座薬を入れに来て』と電話をかけてきたけれど嫁の私に断られ、しぶしぶ息子に頼んだ義母。

翌朝(朝の5時!)にはさらになんとなんとご近所さんを呼びつけ座薬を入れさせた義母。

いい様に使い、陰では「役に立たない」と影口を叩いていたそのご近所さんが、膝を悪くして一月位外にも出られず難儀をしていた。

そういえばここんとこ、顔を見てないな、とは思っていた。



餃子をね、作ったの。

私もしばらくへこみ状態だったので、久しぶりの餃子。

でね、優しい嫁は義母にも差し入れをしたのよ。

夫に『やる事やってるよ』と見せるためにね。

で、そのご近所さんにも同じに差し入れて。

いや、ご近所さんへの差入れがメインなんだけども

私、そのご近所さん大好きで仲良しだから。



餃子を差し入れて、初めて膝を悪くしてたと、聞いたのよ。

ごめんね知らなくて、って。

言ってくれれば買物だってなんだって手伝えたのに、って。



…義母はもちろん知ってるよね?

知らないわけないよね、当然。

自分が動けない時は、毎日のように呼びつけていたんだから。

動けるようになった今だって、外に自由に出られないもんだからお茶を飲みに来いとしょっちゅう呼びつけていたんだから。


私はね、へこんでいた時期も、なんじゃかんじゃと義母宅には顔を出してたのよ。

週1~2回位は。

一番付き合いの深いご近所さんの話を、なぜ私にしないんだろうか。

私とご近所さんが仲良いのも、もちろん知っているのに。

自分が世話になった人は私が知らない人でも「挨拶しといて」と言うくせに。


そのご近所さんの事、本当に下に見て家来のように付き合ってただけなのね。

恩知らずにもほどがあるよねぇ。

最低だわ。

ホント、クソだわ。

あ、くそって言っちゃ、いけないんだわ。



その義母ね、餃子を持って行った時に、腰が痛くて~、だって。

確かに見た感じ、歩きにくそうだったけど。

そりゃそうよ。

車は座りっぱなしだから長時間はだめなのよ、って言ったはずよね、医者も私たちも。

それが一拍旅行って。

痛くもなるわね。

一月前のお彼岸の話だけどもね。

負担も掛かるわね。


自業自得かな。



義妹に頼んでちょーだいね










あ~、やっぱりこの時間は眠いですm(__)m


明日は必ず~、お邪魔します~m(__)m

娘の手術の話。

とても辛いニュースばかりが飛び込んできます。

何度も何度もの大きな地震。

早く治まってくれと祈るばかりです。

もし神さまがいるのなら、いい加減にしてくれ!と怒鳴りたい。






次女の甲状腺の病気も、もう6年になります。

長い付き合いになるのは分かっていたものの、本人はストレスが溜まりまくりだろう、きっと。

バセドーは、治る病気では、ないらしい。

薬でコントロールすることは可能で、一生付き合っていかなければならない病気、らしい。

それも、ストレスなんだよねぇ。

2か月おきに血液検査があって、半日拘束される。

調子が悪くなれば、それは毎月の事。

今はクスリは毎日で、でも検査結果によっては増えたり減ったりが忙しいし。

てなことで、手術も視野に入れて先生と話していたんだけども。


手術で甲状腺を取ってしまうとホルモンが一切出なくなるので、この先ずっとホルモンのクスリを飲まなくてはならないわけだ。

一生ずっと。

死ぬまでずっと。

飲めばね、大丈夫なの。
副作用もない薬だし。

でも、まだ二十歳で、このさき何十年も飲み続けるのって、ちょっと考えちゃうわけ。

本人も私も。

性格がしっかりしている娘ならば、何も問題がないんだけど。

なんたって次女だから。

で、今検討中。



月曜に医者に行ったとき、いつもの先生がいなかったの。

土曜日に電話して確認したのに。
事務のミスね。

で、代わりの先生がさ、クソなわけよ。

手術大好きな先生らしく、手術に不安だと言ったら脅かすわけ。

手術しなければ、どうなっても知らないよ、的な。

クソでしょ。

それでも医者か?と怒鳴りそうになったわよ。

もう一歩で喧嘩しそうになったけど、我慢したわ、私(褒めて)



で、確実にいつもの先生がいる日に行って、相談したの。

手術はいつでもできるし、少しでも不安があるなら今回はやめましょうね、って。

天使に見えたわ。



で、放射線治療ってのを、検討中で。





ホントにね。

代わってあげられるもんなら、代わりたいよねぇ。






で、眠くなっちゃたので、寝ちゃいますm(__)m


明日の日曜日に、皆さまのブログにお邪魔します(*^^*)






胃炎なのか胃潰瘍なのか。

実はね、先月中頃、胃の調子が悪かったんですよ



夜中に吐き気で目が覚めて。

どうしよう、トイレに行くか

いんや、吐き気と眠気が戦ったら、眠気が勝った

ので、気が付いたら朝だった。



と、言うようなことがあって。



したらば。

その後一週間くらい、昼も夜も吐き気に襲われて。

思うに、空腹時に来るようで。


ぞわぞわした吐き気の時は、そのうち治まるのだけど。

でも、強烈な吐き気に襲われた場合は、トイレに駆け込む時もありまして。


こりゃイカンと月末の土曜日、かかりつけの内科に行ってきたんですよ。


おやおやりんさん、悪阻かい


おいおいそれは、セクハラだぜ、と先生自分で言いながら、看護師さんも交えて大笑いだぜ。



「空腹時の吐き気、及びゲップなどの症状がみられるようなので、これはきっと胃が荒れてるせいだね。

軽い胃炎か、または初期の胃潰瘍か。

急激に来たって事は、ストレスかな。」



あぁ、そうなんですね、きっと。

思った以上にストレス感じてたんですね、私。

でも「ストレスの原因が終わった」と思った後に来るのでしょうか。

円形脱毛症でもあるまいに。

↑これは…そのうち出てくるかしら…



ま、でも。

薬をもらって飲み始めたら、だいぶ落ち着いてきたので


このまま治まればいいなぁ。

って。

治まったの。




でも、飲み会行った次の陽当りから、またちょっと調子が悪いー





もうしばらく禁酒しますーm(__)m




寒いです。

三寒四温は分かっているけど、寒暖差があり過ぎます。

体調崩しますね。

今日は花見の予定でした

でも朝から雨が降っていたし今は止んだとて、この寒空にシートを敷いてビールを飲んだところで、何が楽しいのでしょうか

っちゅーことで、夕方から飲み会に変更になりましてん




ベランダから見た桜

2015032915300000.jpg



さて、おいなりさんでも作ろうか


プロフィール

りん

Author:りん
はじめまして。
<りん>と言います。
毎日の色々を、思うまま書いています。
良かったら、皆さま遊びに来てください。
ポルノグラフィティが大好きです。
↑忘れてはいけません。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
私の本棚
最近の記事
ブログ内検索
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: