日記のような、独り言のような、日常のあれこれを書いていきます。ポルノグラフィティに癒されながら(^_^)v

やっとです♪

昨日図書館からメールが入り「予約本が入りました」との連絡で。

早速午前中に、行ってきました

悪人ですよ

文庫本で、やっと上・下巻、揃って読めるという訳で

あっという間に上巻を読んで、下巻もだいぶ進んで。
これから最後まで、読んじゃいます


映画とは、少々違ってて…こんな場面あったっけとか。

あれれこの場面は無かったぞとか。

ここ、変えちゃっていいのってのもあったりで。



今のところ、本の方が面白いです

あまりに爽やかな妻夫木聡さん以外、皆さん配役、ピッタシですね。

お見事ですよ





面白かった(^_^)v

「告白」


読み終わりました(^_^)v

面白かったわ~
ここ最近読んだ本の中で、一番面白かったかも

映画もね、と~っても面白かったけど、その数倍、原作はおもしろい

映画は、原作にかなり忠実でした。
読んでみて、わかったわ。
だけど原作は映像じゃないから、本には書かれていない、人物の表情とか、想像するのは多分人それぞれで、そこが又良いんだな~って感じ。

うん、そうね。
両方お勧めです


ラストシーンは、私は原作の方が好きだけど(^^ゞ
あ、違うラストシーンじゃないよ~。





昨日5時半に「買い物行く~」って電話が来た義母。
今日は誰だかと一緒に、どこだかに行くというので(車でね)じゃぁ、買物はついでに行くかなと、こちらからは聞かなかったんだけど…。

今日は5時15分。

「買い物行った~これから行く~」とまた電話
「カレーにしたいんだけど~

ひと箱だけ買い置きがあったので、それをあげました。
具材はそろっているらしいので(^^ゞ

「あのね、お義母さん。私ね、買物は午前中に行っちゃうのね、だから早めに言ってくれると助かるんだけど


通じるよね、これで。

というか、夕方5時からカレーって






図書ボランティア

久しぶりに小学校の図書ボランティアに行ってきました(参加?)。

2月だか3月だかに、すべての本にバーコードが貼られるという事になりまして。

今は本の分類によって二桁の数字と、読み物系は作者の名前の頭文字(ひらがな)を書いたネームシール(?)を貼っているのです。
ちなみに絵本は、Eシールというものを貼っています。

その他に、出した本を片付けしやすいようにと、あいうえお別に区分けして、大きめなシールを貼っています。
絵本は、題名の頭文字(これもひらがな)のシール。

それ以外に、多分学校で管理しやすいようにバーコードが貼られるんでしょう。

バーコードを貼るまでに、分類シールをすべて貼ってしまわないといけません。
ほとんどは貼ってあるんだけど、まだまだ残っているんでね。

一番厄介は、先生が自分の教室に本を持って行ってしまっている事。

それが早く戻らないと、私たちの仕事も、順調にいけませんから。
ボランティアなんですから



………そもそも………



図書室の本を、教室に持っていって良いのか

そりゃ一週間単位とか・一か月単位とか、授業に合わせて借りていくのなら構わないと思うけど…。

新刊が入ったそばから、1年間借りっぱなしって、どうなんだ
自分のクラスの子供たちだけに読ませればいいのか


図書室の本は、児童すべてが平等に読めるべき本でしょ


そんなんでさ。
子どもに


「借りた本は期限内に返しましょう」 


なんて指導出来るん





そうそう。
東京、さっき雪降ったって

告白と・悪人と・1Q84と。

図書館から連絡がきて、本を受け取りに行ってきました

告白悪人が入りました
1Q84はまだまだらしいね。

告白悪人も映画が先。

とっても面白かったので、予約したわけでね。

悪人は、上・下巻セット。

…なのに、なぜ下巻だけ

確か仲良くさせてもらっているブログさんも、図書館から連絡がきて取りに行ったら、上巻はまだで、下巻だけ先にって言ってたっけ。

下巻だけ先にもらって、どーせーっちゅーの

というか、返してきた方は、上・下巻で借りたんじゃないの


…いやいやいや…


例えば。
上・下巻で借りて、先に上巻を返す。
すると、待ってた人が上巻だけを借りる。
最初の人がその後に下巻を返すと、上巻だけ借りた人の次の予約者に、さきに下巻がいってしまう。

上下巻セットが、一つの図書館に1セットのわけないから、バラバラであっちいったり・こっちいったり。
で、下がさきにわたしの所に来た。

と言うところか

キブン(気分)・キブン・キブン・キブンと言い続けてると
知らない間に、ブンキ(分岐)になっちゃうのと同じ。

と考えた所で、上巻が来るわけではない。
何を言っても、下巻から読むわけにはいかん。

気をきかせて、上・下巻揃ってから、貸してほしかったなぁ



絵本こそ、大人も読もう(^_^)v

今日の仕事中、低学年の子から、
「先生、昨日お話し会にいたでしょう?」とか
「先生、ボランティアの先生もやってるの?」とか
何人かの子達から、声をかけられました(*^_^*)

面白かったと聞くと、皆顔を輝かして
「面白かった
と大きな声で言ってくれたので、疲れも吹っ飛ぶ瞬間でした(^_^)v

高学年は段々と小憎らしくなってくるけど、
低学年の子はまだまだ可愛いなぁ(〃^∇^)





そうそう、これこれ。
Hanaさん、あったよ~(^_^)v
DVC00210.jpg


「やさしいことをすると美しい花がひとつ咲くという、花さき山の感動のものがたり」です。

彼岸花の着物が、また良い感じ。
この挿絵が素敵ですね。
ほ~っと心が温かくなる、感動の絵本でした(*^_^*)

この絵本に出てくる、三コの話も、泣けたっけなぁ。











プロフィール

りん

Author:りん
はじめまして。
<りん>と言います。
毎日の色々を、思うまま書いています。
良かったら、皆さま遊びに来てください。
ポルノグラフィティが大好きです。
↑忘れてはいけません。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
私の本棚
最近の記事
ブログ内検索
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: