FC2ブログ

私の部屋

日記のような、独り言のような、日常のあれこれを書いていきます。ポルノグラフィティに癒されながら(^_^)v

泣けました(T_T)

ライブビューイング行ってきました~

DSC_2296.jpg


泣けました



久しぶりに逢えて 歌っている顔を見たら 泣けました

嬉しそうな楽しそうな二人の顔を見て 泣けました

中止になりました ごめんね に泣けました

泣く要素がどこにもないのに 初めて聞いた時から泣けてしまうあの曲を久しぶりに聞いたら 泣けました



いや、本気で泣いたわけではないけど

じわっと目頭が熱くなりましたよ



あぁ、楽しかったなぁ

座りっぱなしでタオルも回さなかったけど、楽しかったよ

映画館があんなに揺れたの初めてだったー


来年になれば、立ちっぱなしで頑張るよ~

タオルだってまわしちゃうからね~






帰り雨に降られたけどね


そこで来たか




テーマ:ポルノグラフィティ - ジャンル:音楽

ライビュだのツアーだの・そしてお誕生日は覚えてたさ…今年はね(^^ゞ

ライヴビューイングとアリーナツアー、当選しました(遅い)

その前に、ダーリンの誕生日、今年は覚えてたよ~
今日は家族でお祝いかな、などと縁起でもないことは考えちゃいけん


ライビュは自転車で行かれる映画館🚲
アリーナツアーは幕張1日と横浜アリーナの1日。

なぜ東京はないのさ
そうだ、代々木は改修工事中だった

次女の体調管理がまだ分からずなので、次女とは幕張のみ
そして横アリはお姉ちゃんと参戦です

腕の痺れや足の動かしずらさは軽減されたものの、右足股関節痛と膝関節通は別物なので、さすがに2公演が限度です。

幕張も横アリも今の私には遠すぎる○| ̄|_
きっと来年の私にも遠すぎるだろう○| ̄|_

股関節は持って生まれた臼蓋形成不全が原因で、治すには人口股関節手術しか無いとの事。
でも人口関節はもって20年なので、再手術が必要。
今手術しても、もう一度する可能性大なので…この程度なら薦められないと。
だよね、鎮痛剤飲めば歩けるし仕事も出来るし生活する分には支障は最低限だもんね。

膝も同じようなもんだし。

膝はね、骨折の時期、右足一本で立ったり座ったりを繰り返したおかげで痛くなったのさ
元気な時期なら大した事なかったけど、なんたってこなき爺を背負ってたからね
股関節痛だって進行するわな

こなき爺を背負って片足一本で立ったり座ったりって…私すごくない?
てな事はどうでもいいか


だもんで、跳んでハネテは出来ないよね
2DAYSは参戦出来ないよね

まあ、こんなんでブツクサ言ってたらバチが当たるな
逢いに行かれるだけで、ありがたい



2015に突発性難聴になってから、どんどん身体中不具合だらけ。

調度閉経もその辺りだから、更年期もあるのだろうか。
2014年から2018までの5年間で、手術6回
そのうち全身麻酔は3回



疲れるなぁ(´・_・`)






テーマ:ポルノグラフィティ - ジャンル:音楽

あっ!と思ったら、もう10月ですね

二度目の圧迫骨折をした義母。
7月の半ばだったかしら。

一日一度30分くらいのリハビリに他はほとんどベッドの上で、移動も車いすだったとか。

痛みが落ち着いたらば退院だ、との話だったけど、私は入院中だし義妹も家に呼ぶのはせめて歩けるようになってからにしたいとの事で、8月の半ば過ぎ、リハビリ病院に転院しました。

義妹の希望で千葉の病院。
自転車でも通える距離の病院。

一日3回のリハビリのおかげで、入院前よりも元気だとか。

あ、9月の末に退院して、今は義妹の家ね。

持って生まれた体の頑丈さで、カート無しでもなんとか歩けるとか。
凄いね、85歳。
でもね、頭の方はちょっと怪しいらしい。

日付けも怪しいし、先日は自分の子供の人数が分からなかったとか。

長男(私の夫)・次男(可愛い坊ちゃん)・長女(千葉の義妹ね)の三人ね。
そろそろやばいかな?


なのにね、リハビリ病院でも私の事をずっと気にしてたんだって。
私が入院・手術だから。

毎日義妹は病院へ行き、毎日りんさんの具合はどう?って聞かれたんだって。

お嫁さんがそばに居てくれて色々やってくれてありがたいわねと言ってくれたご近所さんに
肝心な時にはさっぱり役に立たない!
私が一緒にいるにも関わらず言い放った義母が(一応声は小さかったけど)


私の心配って、なんの冗談だ?

ボケたからか?



と思う私は、やっぱり鬼嫁だな


〇科〇科大学病院のポンコツ医者・川〇医師のぽんこつっぷり

まず腰痛があって。
そして足の痺れと重く力が入らないのと、そのため歩くのが億劫で長い間歩くと疲れてしまう…などのもろもろの症状で、3年前・医〇歯〇大学病院の最初に手根管症候群の手術をしてもらった石井先生に(この先生はぽんこつではなかったのに、転勤により主治医が変わってしまった(泣)紹介してもらった同じ病院内の〇端医師。

当時は院内ならば普通に紹介をしてもらえたのだ。



脊椎専門の医師。

レントゲンとMRIを撮り、あぁかなり狭くなってるね、こりゃ狭窄症だね、と言った川〇医師。
でも、約2年通っても、ほぼ様子見。

あ、手首の症状も怪しいので、首のレントゲンも、もちろん撮りましたよ
でも首は、特にどこかに症状が出るってほど悪い状態ではないから、考えなくていいよ、と

朝・昼・晩に飲む神経に効く薬を貰い続け、でもたいして効かないと分かると、途中からやめて、何も治療無しの様子見。
一度だけ別の薬になった事があったっけ、でも2週間分飲んだだけだったかな。

2015から2017の3月まで約2年、ほぼ様子見。

去年・2017の3月にいい加減進展しないのに疲れた私は(私もよく2年我慢したというか、バカと言うか)これ以上どれ程度症状が進んだら手術になるのか、と聞いてみた。



さて、何と言ったでしょう?

どの位症状が進んだら手術になるのですか?

何の手術?

いや、狭窄症の手術ですけど

何言ってるの、それ狭窄症じゃないよ、狭窄症の手術しても治らないよー(笑・・・原文のまま

この時点ではい?あんた言ったよね、最初に?なんだけども、そんな言葉を頭に浮かべるより先に、びっくりしてしまったわけで

じゃぁなんの病気なんですかと聞いたら…。

う~ん、分からないんだよね~(^^ゞという、想定外の返事が来た。

え~っと、では大学病院ではなく、腰だけの専門の病院に行く方が良いって事ですか

と言ったら…

いやいや、僕専門医だから、僕はプロフェッショナルだから(笑・・・原文のままよ

専門の病院に、と言ったら怒るかと思えば、笑いながらこう言ったの。

でも分からないんですよね?

そうなんだよねー、分からないんだよねー(笑…もちろん原文のままよ(笑


ホントにね、軽~く言うのよ。

もうね、怒るより笑っちゃったわ、私。

とりあえずもう少し様子見ようよー、また3カ月後にきてー♪(笑




全ての医者が財前五郎でもブラックジャックでもないのは当たり前。
あ、古すぎた
大門未知子でも渡海征司郎でもないのは当たり前。
医者だって分からないことが沢山あるだろう。

でもさ。

分からないまま2年も様子見で、患者は行くたび様子はどうだと聞かれ、その度酷くなっていると訴えてるのに、何もしようとしない。
分からないなら調べないのか?
腰に原因がなければ、他にあると考えないか?
もうね、あまりのぽんこつぶりに、私は笑いが止まりませんでした(笑

で、ほかの医者を探そうと調べ中に、4月に左足首を骨折したってわけでして。

で、一年が過ぎてしまったというわけだ。

私もぽんこつだな

ちゃんちゃん

つづく~

術後一か月検診

順調です

やっと人工骨を挟んだ部分の骨が付き始めてきたところ
完全に同化するにはあと2か月だとか
家にいる間は頑張ってカラーを首に巻いたまま、過ごしております
骨盤の骨を削った所は、薬で痛みを止めるしかないですけど

手術前の身体中の不具合が10だとしたら5~6くらいには回復しています
まだまだ回復の途中、10になるのは難しいですが、せめてくらいにはなってほしいです

まず左手
手の強ばりと言うか、握るのに力が入らず、35あった握力が手術前は14まで落ちていた左手が、手術次の日には20まで回復していました
腕の痺れはまだまだあるものの、腕をあげたときの疲れは、多少軽減されています

指の痺れも、薬指と小指の痺れは消えました
(親指・人差し指・中指は、まだまだガッツリ残ってますが)

で、右手
右手の強ばりほとんど感じないくらいになりました
親指・人差し指に痺れは残っているものの、強ばりがないので、かなり楽です



っちゅーことはだ

強ばりはリウマチのせいではなく、親指・人差し指・薬指の痺れは、首ではなく手首・手根管症候群のせいだ、と言っても良いのではないか

手首の先生・医〇歯〇大の〇田先生は、去年の手首手術後一年経っても一向に無くならない指の痺れは、首のせいではないですかねぇ、などとぬかしておりましたが、次回の診察が楽しみですね
頸椎手術後にも残る指の痺れ
なんと説明するのでしょうか

リウマチは今年の4月で先生が代わり、新しい先生はリウマチではない気がするんですけど、と言っていたので、話は早いですかねきっと。
次回頸椎の手術の報告をすれば診察終了となるのでしょうか



そして一番辛くきつかった足の症状
いとしさと せつなさと 心強さと~、では無くて
痺れと、重たさと、動かしにくさと
300メートルの距離でさえ、歩くのが苦痛だった事

畳に座って立ちあがるとき、両手で支えないと立てませんでした
言うたら、こなき爺を背中に背負って立つようなもんでした
たとえ悪い?
10歳くらいの子供を負ぶったまま立ち上がる感じ、かな

それが
もちろん痛み止めを飲んで骨盤の痛さがない時だけれど、右手をどこかにつかまって体をちょっと支えるだけで、すっと立てるようになったのです
これが一番の手術の収穫(収穫と言って良いのか?)

右手を使って体を支えなければならないけど、普通に立てる嬉しさは一番ですね

右足の膝と股関節に不具合がなければ、もっとすんなりいくかもだけれど


足の症状だからと腰に原因があると思ったけれど、首だったんですね
○科○科大の川○先生は専門医でも分からなかったんだから、そりゃ分かりませんよね、素人には


あぁまた腹が立ってきた、ぽんこつ医者

これも書かないと、気が済まん

次回書こう


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

プロフィール

りん

Author:りん
はじめまして。
<りん>と言います。
毎日の色々を、思うまま書いています。
良かったら、皆さま遊びに来てください。
ポルノグラフィティが大好きです。
↑忘れてはいけません。

リンク
最近のコメント
私の本棚

最近の記事
ブログ内検索

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: